喫煙者の口臭の原因&スモーカーの口臭対策方法

【滋賀県・40代・雅治】

 

喫煙による口臭の原因は舌苔と膿栓

タイトルにも記述したとおり私はスモーカーです。

喫煙者の多くが悩んでいるであろう口臭についてですが、私もその悩みを抱える一人です。

 
そもそも、喫煙が口臭にどの様な悪影響を及ぼしているのかを自分なりに調べてみたところ…

喫煙すると舌苔(ぜったい)や膿栓(のうせん)ができやすくなってしまうようです。

舌苔とは口内の代謝物や細菌の塊で、舌の表面に出てきます。
 
喫煙者の舌苔・口臭の原因
 
この舌苔が多くなると口臭の原因となるようです。
 
また、膿栓(俗称:臭い玊・くさだま)についてですがこちらはタバコを吸うと口の中の代謝が低下し、細菌を倒す機能が低下してしまうようです。

その細菌が口の中や喉の奥でで蔓延し膿栓となってしまういます。

この膿栓は粘液ある「膿汁」の分泌量を増加させる働きがあり、その膿汁が口臭の原因となります。
  

タバコを吸うと口の中が乾く…口臭の大きな原因

さらに喫煙するとどうしても口臭が発生してしまう大きな原因は…

喫煙すると口の中が乾燥してしまう

という事でしょうか。

 
当たり前の事を言っているようですが、乾燥している環境では細菌は活発に活動を続けます。

その結果、舌苔や膿栓が出来上がってしまいます。

以上が喫煙による口臭の原因ですが、私は普段1日3回の毎食後に歯磨きを行っています。

それでも今現在も口臭に悩まされております。

 
私は若い時からタバコを吸っていましたが、昔は今ほどは口臭はしていなかったと思います。

でも、長年喫煙を続けてきたことで、もう肺も喉も口内も、完全にニコチンまみれになっているのでしょう…

自分でもはっきりと自分の息が臭い…

ということがわかるようになってきました。
 

だからこそ、口臭対策は数々やってきました。

でも今まで試した口臭予防は、そのどれもがあまり効果を感じられるものではありませんでした。

現在は一時的な対応として、口内が乾かないように、常にペットボトルの水を飲む。

そして、30分~1時間の間に1粒タブレットを食べ、口臭を目立たせない様にしております。

まあ口臭をごまかす程度にしかなりませんが、口臭対策を何もやらないよりはマシです。

 

やはり口臭としっかりさよならする為には禁煙する事が一番の近道でしょうか。

今後も喫煙による口臭と向き合いながら、禁煙も視野に入れて口臭予防に励みたいと考えます。

 

ブレスマイル君タカシ管理人タカシのひとこと 
 
雅治さんの気持ち、痛いほどによくわかります。
 
僕も若い時からのスモーカーで、自分の口臭は年をとるごとにひどくなっていっていることを自覚していました。
 
タバコを止めるために、禁煙本を10冊ぐらい買ったし、禁煙外来にも数年あけて2度通ったことがあります。
 
それでもタバコが止められませんでした。
 
それで、妻からも僕の口臭に対してかなりのクレームがあり、ブレスマイルという口臭予防タブレットを渡されました。
 
こんなタブレットでスモーカーの口臭が消えたら、そんな楽な話しはないよ…
 
そう思って舐め始めたのですが、なんと!
 
ブレスマイルをコンスタントに舐めるようになってからは、妻に口臭を指摘されることがなくなりました。
 
こればっかりは、実際になめて実感してもらうしかないのですが、雅治さんなら絶対にブレスマイルの効果を実感できると思います。
 
ぜひ、試してみてください。
 
タカシ 拝
 

 
ブレスマイル、返金保証書までついているので、ぜひ!
↓  ↓  ↓
歯科医師共同開発の全額返金保証書付き口臭サプリ【ブレスマイル】

このサイトの人気記事

ブレスマイルのガチレポ2

ブレスマイル…神!俺の口臭問題を完全に解決してくれました。