「先生、口臭い…」口臭の原因は歯槽膿漏でした
【東京都・40歳・KAMONOHASHI】

ショックなひとこと「先生、口臭い」

自分が口臭を気にするようになったのは、15年ほど前からです。

もともと子どもと関わる仕事をしていて、子どもたちとじゃれあって、遊ぶような距離感の近い時には、時折

「先生、口クサい」

と言われることがあり、そのことで、自分の口臭を気にするようになりました。

当時は、色々な改善策を試みました。

例えば、朝昼晩、歯磨きをしたり、口臭予防のあるというガムをかんだり、一時はタバコで口臭が消えないかな? と煙草を吸ってみたりして、まったくの逆効果のこともしたりしていました。

しかしどの方法も口臭の具体的な解決策にはいたらず、最後に選んだ方法が歯医者に行くというものでした。

口臭の原因がわかった…それは脂漏性皮膚炎だった

現在進行中の虫歯はなかったことや、私自身、恥ずかしながらひどく歯医者が怖いのもあって、小学校の低学年の時に親に無理やり連れられて行って以来、治療等はまったくしたことがありませんでした。

それほど、嫌いな歯医者に行った理由は、未治療の歯が口臭の原因の可能性があると、インターネットの記事で見たからでした。

さっそく、いくつかの歯医者を調べて、口臭に悩んでいる人も行っているような歯科を選びました。

ドキドキしながら、目当ての歯医者に行き、診察をうけ、自分の口臭の悩みを伝えたところ先生はこんな話をしてくれました。

「あなたには痛みのない虫歯があります」

「すでに神経をやられているので、痛みはないはずです」

「ただ良くない細菌が歯茎をだめにしています」

「歯石がたまり歯槽膿漏を悪化させています」

「口臭の多くの原因が歯槽膿漏だったりしますが、あなたの場合も可能性が大きいです」

と言われました。

歯石をとって歯槽膿漏が治ったら口臭も消えた

さっそく半年かけて治療や歯石とりをしました。

正しい歯磨きも学びました。

その半年後、だいぶ口臭が改善されたように感じました。

子どもたちから口臭のことを言われることもほぼ、無くなりました。

もし同じような悩みを抱えている方がいらしたら、ぜひ、歯医者さんに相談されることをお勧めします。

 

 
ブレスマイル君タカシ管理人タカシのひとこと
 
KAMONOHASHIさん、貴重な体験談の投稿ありがとうございました。
 
以前、歯槽膿漏のひどい上司と同じ部署になった時には、歯槽膿漏特有の苦味のある口臭に閉口しました。
 
口臭がキツイと、話しの内容が全然入ってこないんですよね。
 
あの上司も、KAMONOHASHIさんのように、自分の口臭を自覚し、歯医者で歯槽膿漏の治療をしてくれていたら良かったのですが、なぜか不思議なことに、キツイ口臭持ちの人ほど、びっくりするぐらい自覚がないですよね…
 
KAMONOHASHIさんは、きちんと自覚し、その対策のために歯医者に通い、口臭を克服された…
 
まじ、RESPECTです!
 
タカシ 拝
 

 

このサイトの人気記事

ブレスマイルのガチレポ2

ブレスマイル…神!俺の口臭問題を完全に解決してくれました。